FC2ブログ
HOME > スポンサー広告 > 所得税計算の仕組み確定申告 > 所得税計算の仕組み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

所得税計算の仕組み

参考: 日本の所得税計算の仕組み(イメージ)|財務省

▼クリックで拡大できます。
所得税計算の仕組み

【解説】
  • 収入の種類
    主な収入を掲げており、この他に「山林所得」、「先物取引に係る雑所得等」などがある。また、各種所得の課税方法についても、上記の課税方法のほか、源泉分離課税や申告分離課税等が適用される場合がある。

  • 所得分類・損益通算
    各種所得の金額及び課税所得の金額の計算上、一定の特別控除額等が適用される場合がある。


  • これらの所得に係る損失額は他の所得金額と通算することができない。

  • 退職所得控除
    勤続年数5年以下の法人役員等の退職金については、2分の1課税は適用されない。

  • 配当所得・株式等の譲渡所得
    「配当所得」及び「株式等の譲渡所得」については、一定の要件の下、源泉徴収のみで納税を完了することができる(確定申告不要)。
    「上場株式等の配当所得」については、申告する際、総合課税(配当控除適用可)と申告分離課税のいずれかを選択可能。
    「上場株式等の譲渡損失」と「上場株式等の配当所得」との間は損益通算可能。

確定申告 目次

関連記事
2015/04/07(火)
確定申告 トラバ(0)

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。