HOME > 投資信託 > あなたの投資目的は?世代別に投資信託の目標を考えてみましょう!

あなたの投資目的は?世代別に投資信託の目標を考えてみましょう!

あなたの投資目的は? 目標を決めましょう


投資信託は銀行などの預金とは違って、高い利益を期待できる反面、元本が保証されている金融商品ではありません。したがって、近い将来に使用用途が決まっている資金であれば、安全性を重視して運用した方がよいですし、当分使う予定のない余裕資金であれば、世代別に適した運用を検討すればよいということになります。

ライフイベントと投資信託の目標

  • 近い将来に使用用途が決まっている資金・・・教育費、旅費、車両費など
    安全性や流動性を重視して運用
    • 公社債投資信託、債券の組み入れ比率が高い株式投資信託

  • 当分使う予定のない余裕資金・・・老後資金、リフォーム代など
     運用できる期間に合わせて、世代別で検討しましょう。
    20~30代 : 投資できる期間が長く、万一失敗しても収入があるので挽回できるため積極的に運用
    • 運用効率がよい決算回数(分配回数)の少ない投資信託
    • 低コストで積立型に最適なインデック型投資信託
    • 株式の組み入れ比率が高い株式投資信託

    40~50代 : 老後の運用に備えてバランスよく運用
    • 保有中の資産と違う値動きが予想される投資信託
    • 株式と債券の組み入れ比率が同程度の株式投資信託

    60代以降 : 資産保全を重視した安定した運用
    • 収入の代わりとして毎月分配型の投資信託
    • 債券の組み入れ比率が高い株式投資信託


モーニングスターに、目標利回りを算出してくれる便利なツールがあるのでご紹介します。
 金融電卓|モーニングスター 
・・・増やしたい人には目標金額に必要な利回りを、リタイアした人には保有資産の寿命や利回りなどを。
簡単な数値を入力するだけで、あなたに合った運用利回りを計算してくれます。

投資信託の目標が明確になったら、次のステップはポートフォリオの作成です。その前に、株式と債券の違いについて知っておくと作成しやすいので、次回説明します。

次の記事 → 株式と債券、どっちがいいの?投資信託の収益率ってどのくらい?


▲ ネット証券で投資信託販売実績No.1のマネックス証券!
※(社)金融財政事情研究会調べ

投資信託目次

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑