FC2ブログ
HOME > スポンサー広告 > 株式配当金の受取方法の違いは?NISA(ニーサ)をするならどれ?投資信託 > 株式配当金の受取方法の違いは?NISA(ニーサ)をするならどれ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

株式配当金の受取方法の違いは?NISA(ニーサ)をするならどれ?

平成21年1月の株券電子化に伴い、上場株式等の配当金の受取方法を下記の中から1つ選んで利用することになります。選択していない場合、従来方式の配当金受領方式に設定されます。

配当金振込指定方式
株式数比例配分方式

すべての銘柄について、証券会社の口座残高の応じて、各証券会社の口座で受け取る方法。

登録配当金受領口座方式

すべての銘柄について、1つの金融機関の口座で受け取る方法。

従来方式配当金受領証方式

配当金領収証との引き換えでゆうちょ銀行等の窓口で受け取る方法。

単純取次ぎ方式
(個別銘柄指定方式)

発行会社に、銘柄ごとに金融機関の口座を指定し、その口座で受け取る方法。


※ 株式ミニ投資、株式累積投資(るいとう)の配当は、「配当金振込指定方式」制度の対象外です。

口座情報などの一部は、証券保管振替機構(略称:ほふり)を経由して各証券会社で共有されています。そのため、複数の証券会社に口座がある場合、証券会社のいずれか1社で受取方法の手続きをすると、他の証券会社でも同じ受取方法に変更されます。

それでは、各受取方法のついてもう少し詳しく見ていきましょう。
NISA口座で株式の取引をされる方は要チェックです

株式数比例配分方式


配当基準日における証券会社の口座残高に応じて、保有するすべての銘柄について、各証券会社で登録している口座で受け取る方式です。

同じ銘柄を複数の証券会社で保有している場合、各証券会社の株式保有数に応じて、配当金がそれぞれの証券会社の口座に入金されます。手続きは1回で済みます。

配当金の受取方法_株式数比例配分方式

株式や投資信託の譲渡損失と損益通算を行う場合、「株式数比例配分方式」を選択し、かつ「源泉徴収ありの特定口座」を選択していれば、特定口座内で自動的に損益通算が行われるので確定申告の必要がないので便利です。その他の方式を選択している場合は、自分で損益通算を行い確定申告しなければなりません。

また、NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、事前に配当金等の受領方式を「株式数比例配分方式」に登録する必要があります。

<注意事項>
  • 源泉徴収後の配当金が入金されます。
  • 特別口座で保有する株式がある場合や、自分の口座がある証券会社が株式数比例配分方式の取扱をしていない場合には、この方式を利用できない場合があります。
    ※ 特別口座とは、株券電子化移行時に証券保管振替機構へ預託せず、株券を持ったままになっている株式等について、株主の権利を保護するために発行会社が信託銀行等に開設した口座のことです。

登録配当金受領方式


複数の証券会社に口座があっても、保有する全ての銘柄について、あらかじめ指定した1つの金融機関の口座で受け取る方式です。

証券会社のいずれか1社で、この方式を選択する手続きと、振込口座の登録をすれば、他の証券会社の口座に入っている銘柄もすべてこの方式が適用され、登録した振込口座に入金されます。手続きは1回で済みます。

配当金の受取方法_登録配当金受領口座方式

<注意事項>
  • 源泉徴収後の配当金が入金されます。
  • ゆうちょ銀行と振込専用口座は登録できません。


次の従来方式とは、昔から行われている受取方法でで、配当金受領方式と単純取次方式(個別銘柄指定方式)の2種類があります。上記の2つの方式と比べて、手間がかかるというデメリットがあります。

従来方式-配当金受領証方式


銘柄ごとに直接、発行会社から配当金領収証等が郵送され、それと引き換えにゆうちょ銀行等の窓口で配当金を受け取る方式です。受取方法を選択していない場合、配当金受領証方式に設定されるので申込不要です。後で変更可能です。

配当金の受取方法_配当金受領証方式

従来方式-単純取次ぎ方式


銘柄ごとに配当金を受け取る金融機関の口座を指定し、届け出た銘柄分だけをその口座で受け取る方式です。個別銘柄指定方式とも呼ばれています。

口座振込で受け取りたい場合は、新たな銘柄の株式を購入するたびに、発行会社ごとに振込依頼の手続きを行います。振込口座を指定していない銘柄は、従来方式の配当金受領方式での受取になります。
金融機関の口座を毎回登録するのが面倒な場合は、配当金受領方式の方が便利です。

配当金の受取方法_単純取次ぎ方式(個別銘柄指定方式)
<注意事項>
  • 複数の証券会社で同一銘柄を保有している場合は、証券会社ごとに異なる金融機関の口座を指定することはできません。
  • ゆうちょ銀行を指定できない銘柄があります。


▲ 三菱UFJフィナンシャル・グループ
【カブドットコム証券】

投資信託目次

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。