FC2ブログ
HOME > スポンサー広告 > NISA(ニーサ)のここが知りたい!取引編投資信託 > NISA(ニーサ)のここが知りたい!取引編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

NISA(ニーサ)のここが知りたい!取引編

Q NISA口座で発生した損失を、他の口座と損益通算できる?
A NISA口座で損失が発生しても、税務上ないものとみなされた口座なので、特定口座や一般口座で発生した配当所得や譲渡所得などと損益通算することができません。また、損失の繰越控除もできません。


Q 年間100万円の非課税枠を使い切らなかった場合は、翌年以降に繰り越せる?
A 上限100万円の非課税枠への投資はその年限りで、未使用の非課税枠を翌年以降に繰り越すことはできません。


Q NISA口座で利益や損失が出たら、確定申告が必要?
A 確定申告は必要ありません。
NISA口座での売買益や配当金などは非課税であり、売買損失もないものとみなされます。


Q すでに保有している特定口座や一般口座の上場株式等をNISA口座に移管できる?
A できません。
NISA口座では、新たに購入した上場株式等しか受け入れることができません。したがって、同一銘柄をNISA口座で保有したい場合は、一旦売却して、再度、NISA口座で購入する必要があります。


Q NISA口座で保有する上場株式等を特定口座や一般口座に移管することはできる?
A 可能です。ただし、異なる金融機関の口座には移管できません。
なお、移管された上場株式等の取得日は移管日、取得価額は移管日の時価となるので注意が必要です。


Q 非課税期間の5年が経過したら、NISA口座で保有する上場株式等はどうなる?
A 非課税期間の5年が経過した場合、一旦、非課税での運用が終了します。特定口座や一般口座に時価で移管したり、100万円を上限に翌年の非課税枠に時価で持ち越すこと(=ロールオーバー)が可能です。


Q いったん売却すると、その部分の非課税枠を再利用できる?
A できません。
NISA口座で購入できるのは、年間累積購入代金が100万円までです。NISA口座の上場株式等を売却後、再度同じ銘柄のものを購入しても、いったん売却した部分の非課税枠は再利用できません。


Q 分配型の投資信託で元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、NISA口座の非課税枠に空きができる?
A NISA口座の非課税枠から減額されるこという概念はないので、特別分配金であっても、非課税枠に空きができて再利用できるということはありません。


Q 分配型の投資信託を「分配金再投資コース」で保有しています。分配金が再投資されると、その分はNISA口座の非課税枠に加算される?
A はい。
再投資分は、NISA口座の非課税枠に加算される予定です。


Q 投資信託でスイッチングをした場合はどうなる?
※ スイッチングとは、対象の投資信託間で乗り換えたときに、申込手数料が無料または割引になる優遇が受けられる制度。
A NISA口座では、銘柄の入れ替えやスイッチングについても、保有している上場株式等の売却および新規購入の取り扱いとなります。したがって、非課税枠未使用額が減ることになります。また、非課税枠の未使用額によっては、入れ替え後の商品をNISA口座で受け入れができない場合もあります。


Q NISA口座で保有している上場株式も信用取引の代用評価の対象になる?
A 対象とすることはできません。
信用取引はNISA制度の対象外です。また、現引き、現渡しも対象外です。


Q NISA口座で保有する上場株式等の配当金の受領方法によっては非課税にならないって本当?
A NISA口座で保有する上場株式等の配当金であっても、NISA口座のある金融機関の口座に入金されるものでなければその配当金は非課税とはならないため、配当金の受取方法を「株式数比例配分方式」に登録する必要があります。

登録が配当の権利確定日以降であったり、「株式数比例配分方式」以外を登録している場合は、NISA口座で保有している株式であっても配当金は非課税にはならないので注意してください。
また、「株式数比例配分方式」を登録すると、NISA口座だけではなく、特定口座や一般口座で保有している株式等の配当金等も同方式で支払われます。NISA口座のみ同方式で登録することはできません。


Q NISA口座で取引できる金融商品は?
A 上場株式(国内・外国)、株式投資信託、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)です。


Q NISA口座で80万円で購入した上場株式等の時価評価額が100万円を超えたけど、今年はもう購入できない?
A いいえ。あと20万円分購入できます。
NISA口座の非課税枠100万円は年間累積購入代金のことなので、時価評価額は関係ありません。したがって、あと20万円分非課税枠が残っているので追加購入が可能です。


Q NISA口座での配当金や分配金、譲渡益に対する非課税金額に上限はある?
A ありません。
NISA口座で保有している上場株式等の利益に対する税金は、全て非課税です。


▲ 楽天スーパーポイントが貯まる銀行!
楽天証券を利用するなら楽天銀行が断然お得!!

投資信託目次

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。