FC2ブログ
HOME > スポンサー広告 > NISA(ニーサ)のここが知りたい!口座開設編投資信託 > NISA(ニーサ)のここが知りたい!口座開設編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

NISA(ニーサ)のここが知りたい!口座開設編

Q NISA口座は、複数の金融機関で開設できる?
A できません。
同じ年で開設できるNISA口座は1人1口座のみです。


Q 家族でそれぞれのNISA口座を開設できる?
A 可能です。
平成26年1月1日時点で、満20歳以上かつ日本国内に居住していれば開設できます。


Q NISA口座の申込みに必要なものは?
A まずは、NISA口座を開設したい銀行や郵便局、証券会社などで資料を請求してください。
同封されている「非課税適用確認書交付申請書 兼 非課税口座開設届出書(NISA口座申込書)」に、「住民票の写し」を添えて返送して下さい。転居のある方は、「住民票の除票の写し」と本人確認書類が必要な場合があります。通常、NISA口座開設の前に、その金融機関の取引口座の開設が必要となります。


Q 転居の予定があるけど、現時点の住所で申込をしてもいい?
A 国内に居住するのであればかまいません。
転居したら、登録住所の変更をして下さい。


Q すでにNISA口座を開設しているけど、別の金融機関に変更できる?
A 3期に分けられている各勘定設定期間の間は、金融機関を変更することができません。次期のNISA口座開設申込の際に別の金融機関で申込すると、次期の金融機関を変更できます。
→ 各勘定設定期間の間は、金融機関の変更ができない



▲ 【 業界屈指の格安手数料 】と【 業界最高水準のサービス 】で
口座数はネット証券 No.1!! (2012年6月現在)

投資信託目次

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。