HOME > 投資信託 > リッパー、リッパー分類、リッパー分類平均とは

リッパー、リッパー分類、リッパー分類平均とは

リッパーとは


リッパーとは、1973年に米国で設立されたファンド(投資信託)情報サービス会社です。1998年、トムソン・ロイターのグループの一員となり、ファンド分析のマーケットリーダーとして事業を拡大しています。

2013年現在、世界61か国の27万以上のファンドデータを保有し、米国、欧州、日本、アジア諸国でファンド情報を提供しています。

リッパー独自の投資信託評価システムを、リッパー リーダー レーティング システム (略称 : リッパー リーダーズ) といい、現時点で世界41の国・地域で販売されているファンドの評価を提供しています。

日本では、ロイターニュースでお馴染みのトムソン・ロイター・マーケッツ株式会社が担当しています。

リッパー分類とは


リッパーが世界各国において同一基準で定めたファンド(投資信託)の分類をリッパー分類といいます。

リッパー分類は、投資対象資産の種類によって、「株式型」、「債券型」、「ミックスアセット」、「不動産型」、「その他」に大きく分類されています。各分類は、投資対象国・地域、投資通貨などによってさらに細かく分類されます。

リッパー分類
投資対象資産の種類
(リッパー分類の一例)
説明
株式型
(株式型 アジアパシフィック 除日本)
主に株式に投資するファンド。基本的に債券に投資する方針をとっているファンドは対象外。
投資対象国・地域、大型株・中小型株、業種によってさらに分類されます。
複数の地域に投資するものだけでなく、インド、ブラジル、中国など、特定の国に集中して投資する新興国型も増えています。
債券型
(債券型 豪ドル)
主に平均残存期間1年以上の債券に投資するファンド。基本的に株式、不動産に投資する方針をとっているファンドは対象外。
投資通貨、債券の種別、残存期間、通貨ヘッジ有無によってさらに分類されます。
定期的に分配金が支払われる定期分配型ファンドが人気です。豪ドルやブラジルレアルなどの高金利通貨に投資するタイプが増えています。
ミックスアセット
(ミックスアセット 日本円 積極型)
株式や債券にアセットを分散して投資する方針のファンド。資産分散型ともいいます。
日本円の組み入れ比率が50%以上のものは「日本円型」に分類され、さらに、株式の組み入れ比率に応じて「安定型」、「バランス型」、「積極型」に分類されます。
不動産型
(不動産型 グローバル)
不動産投資信託(REIT)に投資するファンド。
その他
(コモディティ型 複合)
上記以外のファンドで、マネー型、コモディティ型、絶対収益追求型、ギャランティ型、ヘッジ型等があります。
マネー型 : 残存期間1年未満の債券に投資。
コモディティ型 : 金や農産物などの商品に投資。

「不動産型」、「その他」に属するファンドはリッパースコアレーティングの評価対象にはなりません。

リッパー分類平均とは


リッパー分類を元に作成されたインデックス(=基準となる指数のこと)をリッパー分類平均(リッパー分類インデックス)といいます。

リッパー分類平均は、各分類に属するファンドの分配金などを考慮したパフォーマンスを単純平均して算出されます。したがって、リッパー分類平均は各分類平均パフォーマンスを示していることになります。


▲ SBI証券の投資信託

投資信託目次

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑