HOME > スポンサー広告 > ペイントだけで画像のカラーコードを調べる方法blog > ペイントだけで画像のカラーコードを調べる方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ペイントだけで画像のカラーコードを調べる方法

フリーソフトを利用しなくても、Windowsのペイントだけで画像の色のカラーコードを調べることができます。

この方法を知っておくと、用意した画像と背景の色を同じにしたい時や文字の色を好みの色に変えたい時などに役立ちます。XPではできませんが、色抽出ができるVista以上ならとっても簡単です。

手順


  1. 画像を保存しているファイルを開き、カラーコードを調べたい画像の上で右クリックし、【編集】をクリックするとペイントが立ち上がります。

    ペイントだけで画像のカラーコードを調べる方法|手順1

  2. ペイントの画面で、スポイドのマークをクリックすると、画像上でカーソルがスポイドマークに変わります。

    ペイントだけで画像のカラーコードを調べる方法|手順2-1

    カラーコードを調べたい画像の部分でクリックすると、【色1】がその色に変わります。

    ペイントだけで画像のカラーコードを調べる方法|手順2-2

  3. 【色の編集】をクリックします。

    ペイントだけで画像のカラーコードを調べる方法|手順3

  4. 【色の編集】の小ウインドウが開いたら、画面右下の【赤】【緑】【青】の数字をメモします。

    ペイントだけで画像のカラーコードを調べる方法|手順4

    この「114」「175」「0」という数字が、「10進数」で表したカラーコードです。

    「16進数」で表すカラーコードに変換する場合は、手順5に進んでください。
    16進数は、ブログのテキスト色などでお馴染みの「~color: #○○○」と入力して使用するHTMLです。

  5. 下記の表を用いて、10進数から16進数のカラーコードを探します。
    【例1】 10進数が「0」の場合、16進数は「00」
    【例2】 10進数が「10」の場合、16進数は「0a」

    10進数と16進数の対応表
    10進数16進数10進数16進数10進数16進数10進数16進数10進数16進数10進数16進数10進数16進数10進数16進数
    00032206440966012880160a0192c0224e0
    10133216541976112981161a1193c1225e1
    20234226642986213082162a2194c2226e2
    30335236743996313183163a3195c3227e3
    404362468441006413284164a4196c4228e4
    505372569451016513385165a5197c5229e5
    606382670461026613486166a6198c6230e6
    707392771471036713587167a7199c7231e7
    808402872481046813688168a8200c8232e8
    909412973491056913789169a9201c9233e9
    100a422a744a1066a1388a170aa202ca234ea
    110b432b754b1076b1398b171ab203cb235eb
    120c442c764c1086c1408c172ac204cc236ec
    130d452d774d1096d1418d173ad205cd237ed
    140e462e784e1106e1428e174ae206ce238ee
    150f472f794f1116f1438f175af207cf239ef
    1610483080501127014490176b0208d0240f0
    1711493181511137114591177b1209d1241f1
    1812503282521147214692178b2210d2242f2
    1913513383531157314793179b3211d3243f3
    2014523484541167414894180b4212d4244f4
    2115533585551177514995181b5213d5245f5
    2216543686561187615096182b6214d6246f6
    2317553787571197715197183b7215d7247f7
    2418563888581207815298184b8216d8248f8
    2519573989591217915399185b9217d9249f9
    261a583a905a1227a1549a186ba218da250fa
    271b593b915b1237b1559b187bb219db251fb
    281c603c925c1247c1569c188bc220dc252fc
    291d613d935d1257d1579d189bd221dd253fd
    301e623e945e1267e1589e190be222de254fe
    311f633f955f1277f1599f191bf223df255ff

    10進数の「114」「175」「0」という数字を16進数で表すと、上記の表より「72」「af」「00」となります。
    したがって、カラーコードは「72af00」ということになります。

※上記の解説のペイントのバージョンは「Windows7 Home Premium」です。

続いて、文字の色を好きな色に変える場合のHTMLを書いておきますね。

調べたカラーコードを利用して文字の色を変える方法


HTMLで文字の色を指定する場合は、下記のように入力します。HTMLは全て半角です。

10進数の場合

文字の色指定|10進数

具体的には、【赤】【緑】【青】の代わりにそれぞれの色の数字を下記のように入力します。

文字の色指定|10進数の例

すると、このような文字の色になります。

16進数の場合

文字の色指定|16進数

具体的に、色の数字を下記のように入力します。

文字の色指定|16進数の例

すると、このような文字の色になります。



▲ カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。