HOME > 基礎知識を身に付けよう! > シワがやっぱり気になる!そんな方にとっておきのアイクリーム活用術

シワがやっぱり気になる!そんな方にとっておきのアイクリーム活用術

油断するとすぐに目立ち始めるシワ・・・。
若い頃は、寝不足でも、栄養バランスが悪くても、手抜きのスキンケアでも大丈夫だったのに、年齢とともにダメージが現れるのが早くなっていくような・・・。

鏡を見るたびに気になってしまう目尻、ほうれい線、口周り。このシワを何とかしたいんだけど、どうしたらいいのかわからないし、もう若くないんだから仕方がない!?

若さを諦めないことが大切

(美容ジャーナリスト斎藤薫さんのエッセイ参考)
女性にとって40代は、「老けていく人」と「老けない人」がはっきり二分される大きな「分かれ道」であるといわれています。でも、まだ40代では見た目はそれほど差はありません。何が明暗を分けてしまうのかというと「諦め」という感情だそうです。若さを諦めてしまうか否かでどんどん差が出てしまうそうです。

実際、日常生活に気を付けたり、スキンケアを見直すと、お肌の状態が良くなり若返ったことを実感できると思います。その実感が大切なポイントで、「また老けてしまうことがあっても、また若返ることができる」という確信により諦めない心が生まれ、「諦めないから戻るし、戻れるから諦めない」という老けない人になれるそうです。長い目で見れば歳はとっていくけれど、諦めなければ同年代の人と比べて若々しいお肌で綺麗でいられるということでしょう。

それでは、多くの女性を悩ませるシワ、一体どうしたらよいのでしょうか?
シワの原因と、とっておきのシワ対策「アイクリーム活用術」をご紹介します。

シワの原因


シワの主な原因は乾燥と紫外線の2つがあげられますが、ほかにも加齢、ストレス、歯列、骨格、顔や頭皮のコリなど様々です。

  • 乾燥
    お肌がカサついたり、つっぱったりしている場合は、スキンケアでしっかり水分補給しましょう。たっぷりの化粧水でお肌を潤した後は、水分が逃げないように乳液やクリームで必ずフタをしましょう。
    直射日光に当たると乾燥の原因になります。

  • 紫外線
    オゾン層の破壊により、皮膚の真皮を破壊してしまう紫外線量が増加しています。直射日光に約15分当たっただけで、数時間後には真皮のコラーゲン繊維が断裂し始め、深いシワの原因になります。UVケアは1年中欠かさないようにしましょう。

アイクリーム活用術


  • アイクリームは眉上まで!
    スペシャルケアのアイクリームは、目尻のシワの部分だけではなく、目の周りを上方向に引っ張る力に関わる眉上の筋肉まで、螺旋(らせん)を描くようにマッサージするように塗るとリフトアップが期待できて効果的です。
    塗り方は、目頭からスタートして、外回りで目の周りを2周する感じです。
    (目頭→まぶた→目尻→目の下→目頭→眉上→目尻→目の下→目頭→眉間)

  • ほうれい線にもアイクリームを!
    アイクリームという名称から目元だけという印象ですが、実は気になるシワならどこに塗っても構わないのです。アイクリームは元々シワに特化した商品なので、ほうれい線や口元の小じわなどのケアにも活用しましょう。夕方になると乾燥してシワが目立ってくる方は、外出先でもひと塗りするとよいでしょう。

▼ メイクの上からでも使用できる処方のアイクリームです。
マッサージ方法はここでチェック。

シミ・しわ・たるみ肌にドクターズコスメ・muNoage リペアアイクリーム

美容と健康のための成分情報・・・目的別で探す
美容と健康のための成分情報・・・五十音順で探す

基礎知識を身に付けよう!目次

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑