HOME > 基礎知識を身に付けよう! > コンドロイチンとは?このような方にお勧めです・対象商品

コンドロイチンとは?このような方にお勧めです・対象商品

コンドロイチン


コンドロイチンとは、正式にはコンドロイチン硫酸のことを略している場合がほとんどで、軟骨、骨、皮膚、脳神経組織、角膜などほとんど全ての組織に含まれているグリコサミノグリカン(ムコ多糖類)の一種です。特に、プロテオグリカン(主にアグリカン)の構成成分の一つとして関節軟骨に多く存在し、関節軟骨の約27~43%を占め、クッションとなる弾力性や水分を保持するの役割を果たしています。

コンドロイチンには、プロテオグリカンの合成を促進して傷ついた関節軟骨の再生を促進する効果のほかに、関節軟骨の分解を防いだり炎症を抑える効果もあります。また、関節軟骨は骨のように神経や血液が通っていないため、血液から栄養を得ることができず、その代わりに、関節軟骨で必要な栄養素は関節液からコンドロイチンが運ぶ水分と一緒に補給されます。

コンドロイチンを摂取すると、加齢や酷使により低下した関節の機能を向上させるため、関節軟骨の摩擦による磨り減りを抑えて、変形性関節症などの関節痛を和らげることが期待されています。

ここまでのお話は、こちらも併せて読んでいただくとわかりやすいです。
関節の仕組みと関節痛の原因と対策は?膝痛や股関節痛でお悩みの方へ

そのほか関節軟骨以外で期待されるているのは、血液中のコレステロールや過酸化脂質を減少させて動脈硬化や高血圧の予防、体内の結合組織の構成を正常にすることで腎疾患を改善、カルシウムの代謝を改善して骨粗鬆症予防、高い保湿力で美肌効果、涙に近い成分のためドライアイ改善などがあげられます。

加齢とともにコンドロイチンの生成量は大幅に減少してしまうため、30歳以降は積極的にコンドロイチンを摂取することがお勧めです。コンドロイチンを多く含む食品としては、鷄の皮、牛・豚・鷄の軟骨、ウナギ、フカヒレ、スッポン、ナマコ、ハモ、ドジョウ、魚の目玉、納豆、山芋、オクラなどがあげられますが、少量しか含まれていないため食事から十分な量を摂ることができません。そのため吸収しやすいように加工したサプリメントで摂取することが推奨されています。その際、グルコサミンと一緒に摂取すると相乗効果があるといわれています。

コンドロイチンの必要量


グルコサミン、コンドロイチン、Ⅱ型コラーゲン、ヒアルロン酸などの軟骨成分の1日の摂取目安量は、合わせて1,200~1,800mgといわれています。そして、関節軟骨を再生させるのに最も有効なグルコサミンとコンドロイチンとの配合比率は、「 グルコサミン : コンドロイチン= 5 : 4 」といわれています。

コンドロイチンはこのような方にお勧めです


  • 膝痛や股関節痛などの関節痛、変形関節症の方
  • スムーズに歩きたい方
  • スポーツをしている方
  • いつまでも若々しくいたい方
  • 美肌を目指したい方
  • コレステロール値が気になる方
  • 骨粗鬆症を予防したい方
  • ドライアイでお悩みの方

コンドロイチンの健康食品の選び方


  • 関節痛を和らげることを期待する場合
    健康食品で使用されている成分は、ムコ多糖類の形である「コンドロイチン硫酸」です。「コンドロイチン-4硫酸(コンドロイチン硫酸A)」を多く含む陸生哺乳動物(主に豚の気管軟骨)由来のものと、「コンドロイチン-6硫酸(コンドロイチン硫酸C)」を多く含むサメの軟骨由来のものが主流になっています。

    加齢に伴い減少してしまうコンドロイチンの中でも、著しく減少してしまうのはコンドロイチン-4硫酸です。したがって、豚由来のコンドロイチンをしようした健康食品を選ぶ方が効率的です。

    また、コンドロイチンはビタミンBなどの主薬製剤の中に有効成分「コンドロイチン硫酸ナトリウム」として配合された一般用医薬品としても販売されています。コンドロイチン硫酸ナトリウムは、ムコ多糖類の形の場合よりコンドロイチン自体の純度が高く、この場合の1日最小分量は180mg、1日最大分量は900mgとなっています。コンドロイチン硫酸ナトリウム単独でも一般用医薬品として販売されています。胃に負担がかかりやすいので、分量をあまり多くしないようにしてあります。

    【健康食品は補助的に、一般用医薬品は治療に!】
    「健康食品」は、あくまでも食品であって具体的な治療を目的としているものではありません。コンドロイチン硫酸またはコンドロイチン硫酸を含む原材料の表示量に比べて、コンドロイチン硫酸含有量が大幅に少なかったり、サメ由来としか表示していないにもかかわらず陸生哺乳動物由来のコンドロイチン硫酸を含む可能性がある銘柄があったり、錠剤やカプセルが胃の中で溶けにくいものがあるなど、品質上問題がある銘柄が一部存在することがわかっています。
    それに対して「一般用医薬品」は、薬事法に基づいて品質、有効性、安全性等に関する個別の承認を受け、病気の治療や予防を目的とした商品なので、関節痛の緩和など、具体的な疾病の治療を目的とする場合には、医薬品を使用するのがよいでしょう。

  • 美肌効果を期待する場合
    デルマタン硫酸(コンドロイチン硫酸B)」を配合した健康食品がよいでしょう。

対象商品


数あるコンドロイチン商品のうち、メディアで話題になっている商品や、製薬会社などの販売元が信頼できる商品を厳選しました。

関節痛に

<一般用医薬品>       日本薬師堂
TVショッピングでお馴染みのグルコンEX。グルコサミンを飲んでいるけど効果がない。そんな方には特にお勧め。3つの有効成分、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム、チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩)、ガンマ-オリザノール配合で、膝・腰・肩に飲んで効く!

▼ 以下の商品は一般用医薬品で、ドラッグストアやアマゾン(amazon.co.jp)などで購入できます。
<一般用医薬品>
ゼリア新薬

ひざ・こしラクチン♪
軟骨を構成する成分であるコンドロイチン硫酸ナトリウムを1日量で1,560mg配合した医薬品。
<一般用医薬品>
ゼリア新薬
コンドロイチン硫酸ナトリウム200mg、胃腸とも密接に関連し肝臓の働きを助ける肝水解物、新陳代謝を促進し疲れをとるローヤルゼリー主体。滋養強壮成分の紅参や、各種ビタミン等も配合した滋養強壮保健剤。
<一般用医薬品>
武田薬品
ビタミンB1誘導体(フルスルチアミン)、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム800mg、ビタミンB6・B12などで、膝などの関節痛や腰痛、神経痛に徐々に効果を発揮。1回2錠、1日3回、フィルムコーティング錠で飲みやすい。


美肌に

ジョージオリバー

83%が4日で実感!ぷるぷるの理由は・・・低分子マリンコラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン(フカヒレ由来)と、新成分のデルマタンがすごい!さらに、贅沢に高級ダマスクローズオイルを配合し、リラックス効果はもちろん、デオドラント効果も期待!

美容と健康のための成分情報・・・目的別で探す
美容と健康のための成分情報・・・五十音順で探す

基礎知識を身に付けよう!目次

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑