FC2ブログ
HOME > スポンサー広告 > 初めての確定申告は疑問だらけ!アフィリエイトの場合確定申告 > 初めての確定申告は疑問だらけ!アフィリエイトの場合

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

初めての確定申告は疑問だらけ!アフィリエイトの場合

アフィリエイトの報酬は何所得?


アフィリエイトでもらった報酬は、雑所得-総合課税 です。

ただし、もらった報酬をすべて申告する必要はありません。
申告が必要な報酬は、「企業・商品紹介」で得た報酬だけです。税務署にて確認済み。(2012年12月時点)

考え方は下記の通りです。

アフィリエイトサイト経由の自己購入で、自分自身のためにお買い物をしたり、会員登録や資料請求などでもらった報酬は、「値引き扱い」とみなすことができるので、申告の必要がありません。

例えば、クレジットカードの申し込みでもらった報酬も値引き扱いです。
また、「50%還元」「100%還元」など、いったん商品代金を支払って後から報酬として還元してくれる場合でも値引き扱いです。従って、商品代金を必要経費として扱うことは間違いになります。

このように自分自身でアフィリエイトサイトを利用して貯めたポイントは、自分がアフィリエイトサイトのお客という立場であるため、申告しなくてもよいというわけです。

「企業・商品紹介」に関しては、自分が運営するブログやホームページにポイントサイトのバナー広告を掲載して、第三者に向けて情報を発信しています。この場合、自分がお客の立場ではなく、いわばお店のような立場になります。従って、紹介することで得た報酬は申告の対象になります。

アフィリエイトの必要経費


パソコンなどの固定資産やインターネット接続料などの通信費は、業務を営む上で本当に必要なのか、またその使用頻度はどの程度なのかを整理し、必要経費に計上する割合と金額を判断する必要があります。

パソコン購入代金は、10万円未満の場合は「消耗品費」、10万円以上の場合は「減価償却費」として計上します。

アフィリエイトの必要経費として認められる可能性のあるものの例として、以下のようなものが挙げられます。

通信費・インターネット接続料
消耗品費・プリンターのインク代 ・用紙代 ・ホームページ作成ソフト代 ・デジカメの電池代
・10万円未満のパソコン代 ・ガソリン代
減価償却費・10万円以上のパソコン代
新聞図書費・ホームページ作成のための書籍代 ・アフィエイトに関する専門書籍代
雑費・成果報酬の振込手数料 ・ホームページ作成のための写真代
・アフィリエイトに関するセミナーの参加費
旅費交通費・ホームページ用の写真を撮りに行った電車賃などの交通費
・アフィリエイターのオフ会参加のための電車賃などの交通費
 (注)ガソリン代は消耗品費へ
交際費・アフィリエイターオフ会参加のための会費
※ 金額が少なく、新聞図書費として科目を設けるほど重要性を持たない場合、雑費や消耗品費に計上して処理することも可能です。

所轄の税務署によって若干見解が異なる場合がありますので、お住まいの地域の税務署でご相談されることをお勧めします。

確定申告 目次

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。