HOME > 基礎知識を身に付けよう! > ダブル洗顔は必要?不要?正しい洗顔方法で健やかなお肌に!

ダブル洗顔は必要?不要?正しい洗顔方法で健やかなお肌に!

スキンケアの基本


スキンケアには、こうしなければならないといった定義はありませんが、清潔、保湿、紫外線防御がスキンケアの基本となります。

洗顔は、毎日汚れをきれいに落とし清潔にするスキンケアの重要な第一ステップです。皮脂や汗、古い角質、ほこり、日焼け止め、ファンデーションなどのメイク汚れは、お肌に付けたままでは毛穴を詰まらせてニキビを引き起したり、さまざまな肌トラブルの原因となります。

念入りに基礎化粧品を付けても、正しい洗顔方法できちんと汚れを落とすことができていなかったら、肌トラブルを防ぐことはできません。過剰な洗顔による皮脂の取り過ぎはもちろんよくありませんが、古くなった油は酸化してお肌を老化させる大きな原因となるので、不要なものはしっかり落としましょう。

「疲れてメイクを落とさず寝てしまった」、「乾燥が気になるから朝は水だけ」・・・。心当たりはありませんか?

ダブル洗顔は必要?不要?


ダブル洗顔には賛否両論があるようですが、結論からいうと、化学的な観点からみてもダブル洗顔した方が理想的だと思います。ダブル洗顔でトラブルを引き起こしてしまう理由には、汚れを落とすことに熱心で、洗顔する際についつい力が入ってしまったり、お肌のタイプに合わないクレンジングや洗顔料を選んでしまっている場合などが考えられます。

では、なぜダブル洗顔が必要なのでしょうか?

ダブル洗顔の必要性


顔の汚れは大きく分けて2種類の汚れがあります。

  • 皮脂や汗、それらが混ざってワックスのように皮膚の表面を覆っている皮脂膜、ターンオーバーによって剥がれ落ちた角質層(垢)などの身体から分泌された汚れと、埃や花粉などの外からの汚れなどの水溶性汚れ
    これらの汚れは、体を洗うのと同じように通常の石鹸などで洗い流すことができます。したがって、洗顔料できれいに汚れを落とせます。
    ※「皮脂」はお湯でもある程度洗い流せます。以下でいう強力な油性とはタイプが異なるので、「水溶性汚れ」に分類されます。

  • 日焼け止めやファンデーションなどのメイクによる油性汚れ
    以前のおしろいとは違って、特に最近のファンデーションは粒子が細かい上に、汗で落ちないようにしたり、お肌へのフィット感をよくするために、油性成分が配合されています。この油性成分は通常の石鹸では簡単に落とすことはできません。
    例えば、肌色タイプの日焼け止めや、リキッドファンデーションを指で塗っている方はよくわかると思いますが、石鹸で手をゴシゴシ洗ってもぬめり感が取れず、2回洗っても指紋の溝に汚れが残っていたりしますよね。
    顔の角質層はとても薄くデリケートなので、ゴシゴシ洗うとすぐに痛めてしまいます。だから、油性汚れは油で溶かして浮かせてから落とす目的でクレンジングを利用した方が、結果的に短時間で済み、お肌への負担が少なくなるのです。

だったら、メイクをした日はクレンジングだけでいいのでは?といった疑問をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。残念ながら答えはノーです。クレンジングは油性汚れとなじんでお肌から浮かせることに特化したものなので、ぬるま湯ですすいでもお肌に残ってしまいがちです。肌表面に残ったクレンジングや汚れを洗い流すためには、洗顔料が欠かせません。クレンジングと洗顔料には、それぞれ別の役割があることを理解して、ダブル洗顔をするようにしましょう。

このような洗顔をしていませんか?


  • 洗顔料を十分に泡立てずに洗顔している。
  • 乾燥が気になるので、手早くさっと洗う。手を上下に動かすだけ。
  • ニキビや脂っぽいのが気になるので、力を入れてゴシゴシ洗っている。
  • 高温のお湯で洗い流している。
  • すすいだ後は、タオルでゴシゴシとふき取っている。

ちょっと待ってください!
これらは、お肌に汚れが残ってしまったり、傷つけてしまったり、肌トラブル原因となり危険です!


正しい洗顔方法


最近では「ダブル洗顔不要」タイプのクレンジングが数多くあります。私自身、「省略できるものは省略したい」性格なので、とても魅力を感じる商品です。ただ、そもそも水と油は相反するものなので、それを同時に綺麗に落とせるということには疑問を抱いています。

だけど、実はマナラ ホットクレンジングゲルはお気に入りだったりする…

洗髪の際、リンスインシャンプーよりも、汚れを落とす目的のシャンプーと、髪の表面に膜を作って髪を保護する目的のリンスをそれぞれ使った方が髪の状態がいいですよね。また、掃除のときでも汚れの種類に応じて洗剤を使い分けますよね。

girl-beauty-consultant-products.png

こういった事例からも検討がつくように、ダブル洗顔不要タイプではメイク汚れが完全に落ちなかったり、洗浄成分のぬめり感がお肌に残ってしまう懸念があります。事実、「汗にも強い密着性の高いファンデーション、ウォータープルーフタイプのものは完全に汚れが落ちない場合もあります。」と某メーカーの方がおっしゃっていました。そこで、ダブル洗顔不要タイプも魅力的ですが、より確実性のあるダブル洗顔をお勧めしています。


日焼け止めやメイクをしていないときは、クレンジングの必要はありませんので「Step2:洗顔」から始めてください。


Step1:クレンジング

  1. 手も顔も濡れていない状態でクレンジングを行ないます。ただし、商品ごとに使用方法が異なるので、商品説明をよく読んでそちらに従ってください。
  2. クレンジングを手に取り、汚れが溜まりがちなあごからほほにかけてのUゾーンからスタートします。両手の中指と薬指の腹を使って、顔の中心から外側に向かって優しくクルクルとメイクとなじませます。
  3. 次は鼻から額にかけてのTゾーン。鼻筋は、眉間から鼻先に向かって両手を交互に使ってなで下ろすように、小鼻はクルクルと小さく円を描くようになじませます。額は中心から外に向かってクルクルとなじませます。
  4. 最後に唇と目元になじませます。口の周りのほうれい線ができやすい部分は、口角を持ち上げるようにあごの中央から鼻の下まで、戻るときには力を抜きます。
  5. クレンジングの色がうっすらメイクの色に変わったら、汚れが浮かび上がった合図です。32~34度くらいのぬるま湯で、丁寧にすすぎます。

クレンジングの使用量は多すぎても少なすぎてもよくありません。多すぎるとすすいてもぬめり感がいつまでも残ってしまい、少なすぎるとなじませる際にお肌をこすってしまい負担がかかってしまいます。適量を見つけることが大切です。

Step2:洗顔

  1. 顔をぬるま湯で濡らしておきます。
  2. 水で練らした手に洗顔料を取り、きめ細かくなるまでよく泡立てます。泡が大きいとお肌の溝や毛穴まで届かないので念入りに泡立ててください。
  3. 泡を顔全体に包み込むようにのせ、クルクルと泡を転がすようなイメージで、お肌をこすらず優しく泡で洗顔します。洗う力と洗浄力は関係がなく、泡に汚れが付着することで汚れが取り除かれます。
  4. 32~34度くらいのぬるま湯で、洗い残しのないよう念入りにすすぎます。
強い力で洗顔するとお肌を傷つけたり、逆に毛穴に汚れを押し込んでしまう可能性があります。

また、洗い過ぎはお肌のバリア機能を弱めてしまったり、角質層が剥がれすぎて肌荒れを起こしてしまいます。それを補うために皮脂が過剰に分泌され、余計に脂っぽくなったりニキビが悪化してしまいます。
洗顔は1日2回までにしましょう。

洗顔直後は、余分なものが取り除かれて無防備な状態になっています。シャンプーやリンスが刺激になったり、お肌に付着したままにならないために、洗顔のタイミングは洗髪後が望ましいです。

Step3:保湿

洗顔直後は角質層に水分をたっぷりと含んでいますが、その水分はたったの20分あまりで蒸発してなくなってしまします。また、ふき取らず濡れたままにすると余計に水分が蒸発しやすくなりよくありません。

洗顔後はできるだけ早く数分以内に、化粧水でたっぷりと水分を補い、さらに水分が蒸発しないように乳液などで膜を作って保湿ケアを必ず行ないましょう。

洗顔についての疑問


Q 泡は多いほどよい?
A 洗顔時にお肌と指が直接触れると、摩擦によってお肌が傷ついてしまいます。このダメージを防ぐためには、クッションの役割を果たしてくれる適度な泡が必要です。特に多ければ多いほどよいというわけではありません。ただし、泡の質は大切です。しっかりと泡立てて、崩れにくくてきめ細かい泡を作りましょう。


Q ザラザラ残る角栓、どうしたらいいの?
A 角栓の原因は、皮脂や古い角質など汚れが毛穴に詰まってしまたためです。爪で無理やり絞り出したり、ゴシゴシ何度も洗うのは、毛穴が広がってしまうためかえってよくありません。正しい洗顔方法で丁寧に汚れを落とし、1週間~1か月おきにゴマージュなどで不要な角質を取り除きましょう。開いてしまった毛穴を引き締めるためにも、洗顔後は必ず保湿してください。角栓はすぐに取れるものではありません。数か月かかると割り切って諦めないでください。

(私もあごというか唇の下の辺りがザラザラになったことがあります。目に見えるほどではありませんが、触るとザラザラです。いくら洗顔しても長期間ザラザラのまま。きちんと洗顔しているつもりだったのですが、今思えば少し雑だったかも。意を決して丁寧に洗顔すること1年余り。気が付けばツルツルになっていました!)


Q ピーリングしてもお肌は大丈夫?
A フルーツ酸(AHA)やサリチル酸など角質を柔らかくする成分は、古くなった不要な角質だけを取り除いて乱れた角質を整えてくれます。そのため、ピーリング後にはツルツルした肌触りが実感できます。角質を溶かして取り除いているわけではないので、正しく使用すれば心配ありません。上手に取り入れてツルツルお肌に!


▲ 肌を輝かせる『二十年ほいっぷ』

美容と健康のための成分情報・・・目的別で探す
美容と健康のための成分情報・・・五十音順で探す

基礎知識を身に付けよう!目次
関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑