HOME > FX > FX名言・格言集/セミナーで講師がよく使う有名なものを厳選!

FX名言・格言集/セミナーで講師がよく使う有名なものを厳選!

名言 格言


元ディーラーが講師を務めるFXセミナーでは、時折名言や格言が紹介されます。
数ある名言・格言の中でも、講師の方々がよく引用する有名なものを厳選しました。

FXに限らず、株や投資信託など投資全般に活用できますので、仕掛ける前にちょっと思い出してみてくださいね。

(五十音順)

頭と尻尾はくれてやれ


最高値(頭)で売ったり、最安値(尻尾)で買おうと狙っていても、天井や底を見極めるのは困難です。あまり欲張っていても、売れずに下落したり、買えずに上昇しては後の祭りです。そこそこのところで満足した方がうまくいきます。

類義語
  • 売り買いは腹八分・・・最高値や最安値を狙い過ぎない、また、相場に全財産を投入してはいけません。
  • バラを切るごとく売るべし・・・大切育てたバラを八分咲きで切るのは惜しいけど、満開では売り物にならず手遅れです。相場でも同様です。
  • 天井を売らず 底を買わず・・・無理なことは止めて、天井や底近辺で売買できれば十分です。
  • 天井を買わず 底を売らず・・・上昇後は必ず下がり、下落後は必ず上がると心得て、高値掴みなどしないようにしましょう。

噂で買って事実で売れ


噂の段階で買うと上昇しやすいのですが、ニュースや新聞などで話題になった時にはすでに織り込み済みのため、そこから買っても上昇するどころか反対に下落することがよくあります。

類義語
  • 材料はあとから出る・・・相場が急激に動き始めるときは、何らかの材料があるのですが、実際は相場が動いた後で材料が取り上げられます。
  • 知ったらしまい・・・材料が取り上げられた頃には、すでに織り込み済みなので手仕舞いする方がよいでしょう。

押し目待ちに押し目なし


相場が上昇しているときに、この辺りまで下がったら買おうと待っていても、相場の勢いが強いときは、そのまま上昇してしまい、せっかくの買いのチャンスを逃してしまうことがあります。

対義語
  • 戻り待ちに戻りなし
    ・・・相場が下落に転じ、高値で売り損なったときに、少しでも高く売ろうと戻りを待っていても、そんな時ほど相場はそのままどんどん下落してしまうことが多いようです。

指値は取り消すな


冷静に相場を見ている時に決めた最初の値段は案外当たっている可能性が高いので、途中で訂正したり取り消さないようにしましょう。相場の動きを見ていると迷いが出て指値を変更したくなります。いざ変更してしまうと結局利幅が小さくなってしまったり、ポジションを取り損ねてしまうことがよくあります。

相場のことは相場に聞け


相場の見通しを立てたものの、その通りに動かないこともよくあります。そんなときは自分の相場観が間違っていることを認め、素直に相場に従うべきです。

類義語
  • 相場は常に正しい

相場は明日もある


好材料が出たからといって、今買わなければ損をすると言わんばかりに焦って飛びつくと、そこが目先の天井で翌日には下落しているということがよくあります。本当によい材料なら、冷静に判断してから、たとえ1日くらい遅れて買っても決して遅くはありません。

強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち・・・

強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく

強気相場は、誰もが売りだと確信しているときに生まれ、そろそろ買いだろうかと迷っているうちに進み、もう買ってもいいだろうと思い始めた頃にはトレンドの終わりが近づいていて、誰もが買いだと確信し安心しきっている中で終わってしまいます。

トレンドを友とせよ


相場のトレンドを見極め、その流れに乗ることが大切です。トレンドに従い順張りで取引すると利益を出しやすくなります。

二度に買うべし、二度に売るべし


相場の判断が正しいかどうかは、結果を見るまで誰にもわかりません。買うときはいっぺんに買わずに、一度目は打診買いに留め、手応えがあったら二度目に確信を持って買うようにしましょう。売るときも同様です。資金を一度に投入しないで慎重に売買しましょう。

半値戻しは、全値戻し


半値戻し

大きく下落した相場が、下げ幅に対して半分も戻る(半値戻し)ということは、材料などが相当強いと考えられので、下落前の高値まで戻る全値戻しが大いに期待できます。


人の行く裏に道あり花の山


大勢の投資家と同じ行動を取れば確かに危険は少ないけど、それでは人並み程度で大きな成功を得ることはできません。大勢が一方向に偏り過ぎた場合など、時には人と反対の行動を取った方がうまくいきます。

下手なナンピン怪我のもと


トレンドに逆らう難平(ナンピン)はリスクが高いので、損失の拡大につながりやすいので止めた方がよいでしょう。

見切り千両


含み損が出てしまっても、また戻ってくるだろうと期待してなかなか損切りできず、結局どんどん損が膨らんでしまい、もっと早く損切りしておけばよかったと後悔する羽目になることがあります。自分の判断が間違っていたと気付いた時点で思い切って損切りしましょう。損失には違いありませんが、その決断力は千両に匹敵するくらいの価値があります。

類義語
  • 損切りはすばやく
  • 引かれ玉は投げよ
  • 迷いが出たら売れ

もうはまだなり、まだはもうなり


もう底だと思ったときには、まだ下値があるかもしれないと考え、逆に、まだ下がると思ったときには、もうここが底かもしれないと一応考えてみましょう。

保合い放れにつけ


保合い相場からどちらかに放れたら、動いた方向についていくのがよいでしょう。

休むも相場


利益が出ると「もっと」と欲を出し、損をすれば「取り返さなくては」と焦り頻繁に売買を繰り返すと、大抵よい結果が出ません。1つの取引が終わったら相場から一歩退いて、冷静に次のチャンスを待ちましょう。売りと買いだけではなく、時には休むことも大切です。

類義語
  • 売るべし、買うべし、休むべし
  • 売り買い休みの三筋道
  • 疑わしいときは何もするな・・・ウォール街の格言

有事のドル買い


戦争や自然災害などの非常事態(有事)が起こった場合、相場がどうなるかわかりません。そのような時には米ドルを買っておけば安心という経験則です。しかしながら近年では、かつてのように経験則が成り立たないことが増えてきました。

利食い千人力


含み益がどんなに多くても、ポジションを決済して利益確定しなければ現実のものとはなりません。利益が出ているうちに決済する決断力が決め手です。

両建て両損


判断に迷い、売りと買いの両方を建ててうまく利益を上げようとしても、結局両方とも損してしまうことがよくあるので両建ては控えましょう。


▲ すべての手数料無料!「シストレ.COM」

FX目次
関連記事
2012/10/05(金)
FX トラバ(0) コメント:(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑